さつまいもを英語で言うと

このエントリーをはてなブックマークに追加   

さつまいもの英語での発音とスペル


さつまいもは英語に出来るの?
さつまいもは英語圏でも人気の食材です。

さつまいもは、漢字で書くと薩摩芋です。
「薩摩」というのは、鹿児島の地名からきています。
それでは、さつまいもを英語に直すとどうなるのでしょうか?

長いスペルですが、日本でも馴染み深い英単語かもしれません。

また、発音が少し難しいので詳しく解説していきます。
今回は、さつまいもを英語に直した時のスペルや発音を解説していきます。

スポンサーリンク

あれ?聞いたことある!
有名なお菓子の名称。


さつまいもを使ったお菓子といえば、「スイートポテト」ですよね。
このスイートポテトという言葉は、英語圏ではさつまいもという意味になります。
つまり、「sweet potato」=「さつまいも」という事です。

これは、文化の違いが原因になっています。
日本では様々な芋類が食べられていますが、英語圏、特にアメリカだと限られた芋類しか食べられていません。
それは、どんな芋類なのでしょうか?

アメリカの芋は、基本的に二種類しかありません。

日本には芋類がたくさんありますよね。
さつまいも以外にもジャガイモや里芋、山芋など、どこでも見かける芋類だと思います。

しかし、アメリカでは「ジャガイモ」と「さつまいも」以外は食べる文化がほとんどありません。
里芋や山芋は、珍味のように取り扱われています。
ですので、多くのアメリカ人は「potato」と「sweet potato」しか知らないのです。

それでは他の芋はどのように呼ばれているのでしょうか?

スポンサーリンク

sweet potatoのスペル表記は二つあった!?

アメリカ人は里芋や山芋を食べる習慣がないので、これらの芋の総称を「yam」と呼びます。
yamの発音は普通に「ヤム」で大丈夫です。

それでは、スイートポテトの発音に戻りましょう。
sweet potatoは二つの単語が入っているので、分けて発音するのがコツです。
つまり、「スイートポテト」ではなく、「スイート ポテト」と発音するのがいいでしょう。

英語圏では、sweet potatoの英語表記を変える動きがあります。
それは、「Sweetpotato」と分けないで表記する事です。

これは、国民がさつまいもを「甘いジャガイモ」と認識するのを避けるためと言われています。
現在外国の売り場では、「sweet potato」というスペルと、「Sweetpotato」というスペルの二つが混在しているようで、近い将来「Sweetpotato」に統一されると言われています。

アメリカでは不人気?
人気のある国とはどこでしょうか?

日本では、芋類を食べる文化が発展しており、さつまいもも古くから食べられていました。さつまいもは昔、「甘藷(かんしょ)」と呼ばれており、甘藷の他にも唐芋や琉球芋など、様々な呼び名があり親しまれていました。
アメリカでは、ジャガイモの次に食べられている芋ですが、そこまで人気はないそうです。
さつまいもは主に、アジアやアフリカなどで栽培され、人気もあります。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加