さつまいもの人気レシピ!

このエントリーをはてなブックマークに追加   

さつまいもの人気レシピ/簡単でおすすめなのはこれ!


さつまいもはおかし?
おかず?色々なレシピを紹介します。

あま〜い「さつまいも」。おかし感覚で食べる人も多いと思います。
さつまいもは、他の食材と一緒に食べると甘さが目立ってしまうので、ほとんどの人はさつまいも「だけ」を食べますよね。
でも、さつまいもをメインにしたおかずを作ることができるんです。
煮物や炒め物のレシピも簡単で人気なんですよ。

蒸かしたり、焼いたりするだけじゃもったいない!
ここではさつまいもの人気簡単レシピを紹介します。

スポンサーリンク

焼き芋、蒸かし芋の次に人気のおかしレシピとは?


一部コンビニなどでも販売している、人気の「焼き芋」。
アルミホイルに包んで火の中に入れるだけという、簡単な食べ物です。
簡単な上に美味しいので、「さつまいも=焼き芋」というイメージになっていますよね。

他にも、さつまいもの人気料理の一つに、「大学芋」があります。
大学芋のレシピはいくつかありますが、基本的なレシピは下記になります。

  1. まず、芋を乱切りして、160℃の油で揚げます。
  2. その間、水と砂糖をフライパンでどろどろになるまで煮詰めてください。
  3. 煮詰めた水と砂糖の中に、揚げたさつまいもを入れて絡めたら完成です。

「大学芋」も、「焼き芋」も、手軽に作れるおかしですが、やっぱり気になるのは、おかずとしてのさつまいも料理。
どんなレシピがあるのでしょうか。

定番料理をさつまいもで!?
スイートポテトサラダの紹介。

茨城県では、大学芋をおかずとして食べる事もあるそうです。
その場合のレシピは、水と砂糖を煮詰める時に、醤油や黒ゴマを入れたりして作ります。

茨城県は、さつまいもの生産量が多いので、さつまいもレシピも多くあります。
その中でも人気のある、さつまいもを使った簡単ポテトサラダを紹介します。

スイートポテトサラダ

  1. さつまいもの皮を剥いて、乱切りします。
  2. 切ったさつまいもを水に漬け、15分ほどあく抜きします。
  3. 鍋で湯を沸かし、さつまいも、ニンジン、卵を入れて柔らかくなるまで煮ます。
  4. ボールに殻を剥いた卵、さつまいも、ニンジンを入れてマッシャーで潰してください。
  5. 適度に混ざり合ったところで、マヨネーズ、塩コショウ、輪切りしたキュウリを入れて、完全に混ざったら完成です。

このレシピはメインの料理に、もう一品欲しい時に嬉しいおかずです。
また、お弁当に入れても喜ばれるのでお試し下さい。

スポンサーリンク

便秘解消にも役立ちます!
きんぴらポテト。

さつまいもは甘味が強いので、おかずとして調理するには工夫が必要です。
甘さを抑える時によく使われる、「鷹の爪」を使った料理を紹介します。

きんぴらポテト

  1. さつまいもをスティック状にカットし、15分ほど水にさらします。
  2. フライパンに油をひいて、ニンニクスライス、鷹の爪を炒めます。
  3. 焦げ目が付いたら、いったん別皿に取り出して下さい。
  4. もう一度フライパンに油をひき、さつまいもを入れて炒めてください。
  5. 火が通ったら醤油、みりん、砂糖、別皿のニンニク・鷹の爪を炒め合わせれば完成です。

このレシピもおかずの一つや、お弁当にも最適な料理です。
鷹の爪がピリッと効いた美味しい一品です。

揚げ物をメインのおかずとしてどうでしょうか。

手軽に作れる、さつまいものメイン料理を紹介します。

さつまいものコロッケ

  1. フライパンに油をひいて、5cmカットのベーコン、玉ねぎのみじん切りを炒めます。
  2. 塩コショウを入れ、味が決まったら別皿に移します。
  3. さつまいもを洗い、濡らしたキッチンペーパーで包み、さらにラップで包んでレンジで10分ほど温めます。
  4. さつまいもの皮を剥いて、マッシャーで潰してください。
  5. 潰したさつまいもと、炒めたベーコンと玉ねぎをよく混ぜ合わせます。
  6. 混ざったら、30分ほど冷蔵庫に入れ冷やして下さい。
  7. 冷やし終わったら、コロッケの形に形成していきます。
  8. 小麦粉、溶き卵、パン粉の順番に衣付けしましょう。
  9. 180℃の油で揚げたら完成です。

甘味が気になる人は、ソースを付けて食べてください。
このレシピは、「さつまいも=おかし」というイメージを変える一品です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加