旬のさつまいも

このエントリーをはてなブックマークに追加   

さつまいもの旬の時期はいつ?


美味しいさつまいもを食べたい!
何月のさつまいもが美味しいの?

さつまいもの旬の季節はいつでしょうか?
多くの人は、秋をイメージするかと思います。
秋は枯れ葉が多く出るので、「枯れ葉=焼き芋」と思い浮かべるからでしょう。

しかし、さつまいもの旬は秋ではありません。
時期的にはもう少し遅いのです。
ただ、秋前には収穫期を迎えます。

本当に美味しいさつまいもが食べられる時期はいつなのでしょうか。詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

収穫時期が美味しいとは限らない?


さつまいもの収穫時期は、8月から始まり11月頃まで続きます。

ほとんどの野菜は、収穫時期に獲れたものが旬と言われますが、さつまいもは例外なのです。
さつまいもは、水分を多く含んでいるので、その水分を適度に排出させる必要があります。
その期間が大体2,3ヶ月ほどなのです。

ですので、さつまいもの旬は10月から1月頃になります。

2回ある旬を詳しく説明します。
その見た目とは?

さつまいもは、収穫されたばかりのものを「新もの」、貯蔵されていたものは「貯蔵もの」、と分けて呼ばれています。
どちらも「旬」と呼ばれているのですが、貯蔵ものの方が、実が引き締まっていて美味しいと言われています。

新ものは、弾力があり食感は良いのですが、甘さが薄いと言われています。

  • 「新もの」の見た目は皮の色が薄く、実が太いのが特徴です。
  • 「貯蔵もの」は皮の発色が強く、実が締まっているのが特徴です。
売り場でさつまいもを見かけた時は、このように見分けましょう。

スポンサーリンク

種子島特産は、ちょっと旬が変わります。

品種や産地によっても、さつまいもの旬は変わって生きます。

安納芋という品種はご存知でしょうか?
安納芋は、種子島を産地とするさつまいもの一種です。
収穫時期は、普通のさつまいもより遅く、10月からと言われています。
ここから、さらに1ヵ月追熟させるので、旬は11月頃と言われています。

それでは、他の品種の旬の時期がいつなのかも解説していきます。

変わった品種から有名品種まで旬の時期を解説。

さつまいもは種類がたくさんあり、旬や栄養成分が違うものまであります。

珍しいのは、アヤムラサキという品種です。
アヤムラサキは中身までムラサキ色の品種で、有名スイート店が使用したことから全国に広まりました。
旬の時期は、普通のさつまいもと変わりませんが、アントシアニンという栄養をたくさん含んでいるので、目が疲れている人にはおすすめのさつまいもです。

また、鳴門金時という品種も人気があり、多くの場所で販売されています。
実の色が白っぽく、濁りのないのが特徴です。

味のバランスが優れているので、どんな料理にも使えるのが人気の理由です。
旬の時期は11月〜2月頃と言われています。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加