さつまいもの種類と品種

このエントリーをはてなブックマークに追加   

さつまいものさまざまな種類と品種/どんなふうに調理すると良い?


農家の努力の結晶!
品種改良したさつまいもとは!?

野菜や果物は、常に品種改良されています。
品種を掛け合わせる事で甘いものや、発色の良いもの、食感が良いものなど、美味しさを追求しています。
さつまいもにも、たくさんの種類があることをご存知でしょうか?

焼き芋などに使われる種類や、オシャレなスイートに使われる種類など、何十種類もあるんです。
もちろん、一般の人も購入する事が出来るので、興味を持ったら買ってみて下さい。

スポンサーリンク

国内ナンバー1シェアの「ベニアズマ」とは?


国内で流通量の最も多いさつまいもの品種は、「ベニアズマ」という種類です。
この品種は、焼き芋などで使われる、皮が紫で中身が薄黄色のおなじみのさつまいもです。
ベニアズマは、9月から11月に掛けて収穫されます。
甘味と食感のバランスがよく、焼き芋以外の料理にも広く使われます。

多くのベニアズマは、関東で栽培されているので、関東の人には親しみ深い種類のさつまいもです。

それでは、他の地域で有名なさつまいもを紹介していきます。

関西では主流。
どんな味なのでしょうか?

さつまいもの味は、その地域の土壌によっても味が変わります。
徳島県特産の鳴門金時という品種もその一つで、徳島県の土壌でしか出せない味わいを持っています。

鳴門金時という品種は、果肉部が真っ白という特徴を持っています。
加熱する事により、果肉部が黄色くなり、甘さを出します。
ほくほくとした食感も人気の一つでしょう。

他のさつまいもと比べとても甘いので、「焼き芋」や「スイートポテト」などにおすすめの種類です。

鳴門金時は、関西でも人気のある品種で、
  • 甘姫
  • 松茂美人
という商品名で販売されています。

スポンサーリンク

新品種ですが、流行になる事間違いなし!

2000年代に開発されたさつまいもで、「ベニハルカ」という品種が注目を集めています。

ベニハルカは、「味が良い」品種と「見た目がいい」品種を掛け合わせたさつまいもです。

発色がよく、ベニアズマよりもサイズがやや大きいのが特徴です。
甘い果肉を持っており、焼き芋やスイートポテトなどにもおすすめです。

ただ、しっとりとした味わいなので、ねっとり系のさつまいもが好きな人は、他の品種をおすすめします。
それはどんな品種でしょうか?

甘さ最強!?
お菓子作りにうってつけです。

ほくほくした焼き芋も美味しいのですが、果肉がねっとりとしたさつまいもも美味しいですよね。
種子島で多く栽培されている、安納芋という品種を紹介します。

安納芋は糖度が高く、粘度が強いのが特徴で、加熱するとドロっとした食感が楽しめます。
ねっとり系のスイートポテトが好きな人には、おすすめのさつまいもです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加